イージートレードFXのチャートを徹底分析

勝ちやすいパターンについて

イージートレードFXは各時間足(30分足・1時間足・4時間足・日足)でブレイクを狙うロジックになり、基本ルールに関してはトレード経験に関係なく誰でも再現可能な手法です。

イージートレードFXのチャートに表示される売買シグナルだけでトレードした場合でも、過去の実績では、勝率6割~8割程度を出せている手法なのですが、リスクリワードが「利益1:損失2」となっている手法なので、できる限り高い勝率(7割以上)で安定したトレードを継続する必要があります。

現在はイージートレードFXのリアル検証を行っていますが、自分なりにチャート分析をして勝ちやすい時と負けやすい時のパターンについて考えましたので紹介します。

【勝ちやすいパターンについて】

・三角保ち合いブレイク

イージートレードFXの勝ちパターン1(チャートパターンの三角保ち合い後のブレイクアウト手法)

売買シグナルがゴチャゴチャして見にくいのですが、一目均衡表の雲と移動平均線を中心にローソク足が上下に動き徐々に幅を狭めている状態は、相場がパワーを貯めブレイクすれば一気に動きやすい為、過去チャートでも勝率が高いサインと判断できます。

イージートレードFXの鉄板デイトレード手法

上図も三角保ち合いから下抜けしたパターンですが、30分足で上昇した後に上昇を打ち消す形で一気に下落してその後は、下のトレンドラインに支えられるように上下を繰り返しながら幅を狭めていきました。
今までサポートされていたトレンドラインをブレイクすると売り圧力が急激に高くなっていることがチャートを見て判断できます。

・山と谷が明確に形成された売買サイン

イージートレードFXで稼ぐオススメのエントリーパターン集

上図は下落トレンドから上昇トレンドへ移行するチャートですが、ダウ理論の高値と安値の切り上げでも徐々に買い方の有利な相場展開になっていることがわかり、3波で買いサインが出て4波目の大きく上昇する場面でエントリーをイグジットが完結しています。
イージートレードFXでこういうチャートパターンを確認した場合には、積極的にトレードしたい場面です。

波動理論やライントレードを加えると更に勝率アップさせて稼ぐブレイクアウト手法になります。

上図もイージートレードFXの典型的な勝ちパターンになります。
上位足での下落トレンドから上昇トレンドへ移行する場合に確認できる相場ですが、2回~3回ほど下値を試す展開が続き三角保ち合いでパワーを貯めます。
ブレイク後にプルバックで再度、下値を確かめた後に強めの買い入り上昇トレンドへと移行するケース。

売買サインを見ていただくとブレイク前とブレイク後にシグナルが出て、明確な山と谷を形成してサインがヒットした後にイグジットできています。

稼ぐためのプライスアクショントレード方法やチャートパターン

上図は下落トレンドの中段保ち合い抜けを狙うトレードになります。
単純なサポートラインを使ったブレイク狙いではプルバック(ダマシ)で損切りになるトレーダーもいる場面ですが、ローソク足が移動平均線抜けた後に明確な山と谷を作り強烈な下落相場になっています。

イージートレードFXで勝率をアップさせて継続的に安定させる為に

今回は勝ちパターンについて紹介していきましたが、次回は負けパターンについても紹介していきますので参考にしてください。

イージートレードFXのような売買シグナルメインのトレード手法では、どうしても視野が狭くなりがちですが、売買サインが出た時には、ローソク足のパターン、移動平均線と一目均衡表の雲はどうなっているのか?相場全体を俯瞰的に見てどういった相場状況でのサインなのか?を理解した上でトレードすることで勝率をアップさせていくことは可能になります。

100%負けない手法はありませんので、常に注意深く相場を観察して少しでも期待値の高い相場を見つけて効率よくトレードを心がけることで、小さな積み重ねが納得できる月間パフォーマンスに繋がっていくものです。

特典付きのイージートレードFXについて

当ブログから購入してくださった方には、私が実践しているスキャルピング手法のマニュアルをプレゼントしています。詳細は下のレビュー記事をクリックして確認して下さい。

イージートレードFXの特典付きレビューを見てみる⇒