イージートレードFX1月2日の検証

稼げる人気のオススメFX商材ランキング

ブレイクアウト手法で評判のイージートレードFXを検証

2015年に入り1月2日から相場が動き出しました。ドル円は日足ベースではまだ上昇トレンドを継続しており、ユーロドルは下落継続中です。

こういったトレンドがはっきりしている相場では、一度相場が動き出すと一方向へ動きやすいのでイージートレードFXで山と谷を形成した時には積極的に取引していきたいですね。

イージートレードFXを購入した12月後半からは閑散相場も予測できたので、実践での検証はしていませんでしたが、マニュアルにそってトレードした場合にはトータルでプラス収支となっていたようです。

ドル円のイージートレードFX検証結果

ブレイクアウト手法で評判のイージートレードFXを検証

上図MT4チャートは日本時間に対応した証券会社のMT4なので、海外時間表示のMT4とは日足など本数が違いますので注意してください。

1月2日にチャートを開くと1月1日にイージートレードFXの売買サインが発生していましたが、2日の時点でエントリーポイントを超えていましたので取引はしていません。

ユーロドルのイージートレードFX検証結果

イージートレードFXは詐欺商材なのか?勝てない手法なのか?

2日のユーロドルは、ドル円と同様にサインがなくトレードしていません。
ユーロドルは多くのトレーダーに意識される1.20000手前まできており、ここを割り込んでくるとストップを巻き込んで100pipsは下落すると思いますので、注意して監視したい通貨ペアですね。

ユーロ円のイージートレードFX検証結果

稼げる人気のオススメFX商材ランキング

ユーロ円では12月31日からのレンジ相場で売買サインが何度も出るパターンであまりいい状態とはいえず、OCO注文で仕掛けるか迷いましたが、上位足では下落トレンドの中段保ち合いのようになっていたので、ブレイクすればそこそこ相場は走るだろうと思い注文を出しておきました。

結果的にはプラス15pipsの利益でした。

イージートレードFXでは、サインが連発するレンジ相場でも勝ちやすいパターンと負けやすいパターンがあり、上位足の環境認識もすることで更に精度を高めたトレードも可能です。

ポンドドルのイージートレードFX検証結果

デイトレード手法やスイングトレード手法で稼ぐ評判のブレイクアウト手法

1月2日に発生したポンドドルの売りサインは、一見すると山と谷を形成していないのですが、対応方法の詳細についてはマニュアルの売買サイン判断表の項目23で紹介されています。

結果はプラス15pipsの利益。

ポンド円のイージートレードFX検証結果

実践したイージートレードFXの成績結果

ポンド円は1月2日前半は小幅な動きで上昇していましたが、一度下げだすと勢いが止まらず大きく下落トレンドになりました。
下落幅からみると利益を取った部分はショボイのですが、確実にプラスにできたので問題なしです。

結果はプラス15pipsの利益。

イージートレードFX検証まとめ

本日の収支合計は、プラス45pipsでした。

さすがに1月2日は相場を見ていてもメイントレーダー(機関投資家)など参加していないので相場の動きが雑に感じますが、イージートレードFXのトレードとしては安定した結果を出せているのではないでしょうか。

12月後半のトレードOFF期間にイージートレードFXの過去サインの傾向などを検証していましたが、やはりシステムのシグナルだけに頼るのではなく、マニュアルの売買サイン判断表を有効活用していくことで勝率も安定してきます。

また検証結果を報告していくので参考にしてください。

イージートレードFXの特典付きレビューを見てみる⇒