マジックボックスFXを上手に使いこなす

ダウ理論とブレイクアウト手法で勝率の高いオススメのFX商材

マジックボックスFXの確度を上げて利幅を伸ばすトレード方法について

3段階のブレイクアウトで表示されるダウ理論ボックスシグナルとパワーキャンドルでトレードをするマジックボックスFXですが、購入してから自分なりにアレンジを加えながら検証を繰り返しています。

今回は私が検証する中で3番目にパフォーマンスの良いトレード方法について紹介しておきますね。

マジックボックスFXの基本トレードにプラスして、複数時間軸+ATRトレーリングストップの組み合わせが確度を上げながらいい感じに利益を伸ばしています。

●15分足と1時間足を組み合わせたデイトレ手法

・時間軸:1時間足と15分足。
・チャート設定:マジックボックスFXとATRトレーリングストップ
・エントリー方法:1時間足のトレンドの流れに乗るように15分足で最終的なエントリーポイントを決める。
・決済方法:15分足のATRトレーリングストップにローソク足がタッチで決済
・損切り方法:15分足のマジックボックス上もしくは下

今回紹介するATRトレーリングストップのインディケーター

チャート上に設定したMT4インディケーター(ATRトレーリングストップ)は、下より無料でダウンロード可能です。

ATRインディケータはこちら⇒
ダウンロード方法は(右クリック⇒名前をつけてファイル保存)

マジックボックスFXアレンジ手法の実践トレード例

口コミで評判のマジックボックスFXを検証

マジックボックスチャートの1時間足ではオレンジ色のボックスが出て、高値と安値の切り下げが確認でき下げトレンドだということが判断できます。ATRトレーリングストップの赤色ラインの下でローソク足が推移していますので、視覚的にも判断しやすい状況です。

ただ上チャートではパワーキャンドルの条件が揃っていないのでエントリー根拠としてはそこまで強くはありませんので様子見しながら目線としては売りということになります。

次に15分足を見て行きましょう。

ダウ理論とブレイクアウト手法で勝率の高いオススメのFX商材

15分足で買いのボックスが出た後に売りのボックスが出て、パワーキャンドルの条件も揃いました。

上位足では売り目線だったので、エントリー根拠としては十分だと考え注文を入れます。

損切りラインはオレンジ色ボックスの少し上に設定。1時間足でも直近高値の上に損切りラインがきますので、ダウ理論のトレンド定義で考えても良い位置の損切りポイントです。

利益確定ポイントは、15分足に設定したATRトレーリングストップの(売りの場合)赤いラインにローソク足がタッチしたら決済となります。

今回のトレードでは+98pipsの利益となっています。

このトレード手法のポイントについて

マジックボクスFXのシグナルは、3段階のブレイクアウトでダウ理論が完成してシグナルを出します。当然ですが、時間軸が下位にいくほど確度は下がります。
マルチタイムフレームで上位足と下位足を組み合わせることでシグナル確度を上げ、ATRトレーリングストップを利用することで15分足の下げトレンドで発生する戻しやレンジをかわしながら効率よく利益を伸ばすことができる手法になっています。

まとめると、
1,複数時間軸を組み合わせて確度を上げる。
2,ATRで利益幅を最大限伸ばす。

ぜひ参考にして検証してみてください。

マジックボックスFXの特典付きレビューはこちら⇒

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。