マルチタイムフレーム(複数時間軸チャート)の使い方

no

複数時間足チャートの正しい見方を学ぼう!

FX初心者には必須の環境認識方法

FX初心者の多くが迷ってしまう複数時間軸チャートを使った
考え方をしっかり学び身につける事で、いまよりも環境認識力をより高めることができます。

よくあるマルチタイムフレームの質問

複数の時間足チャートを見る場合に、例えば日足が陽線、4時間足が陽線、1時間足が陰線、15分足が陽線の場合などに、どのチャートを信じてトレードすればいいのか迷ってしまいます。各時間軸の状態がバラバラなときには、どういう風に判断をしてトレードしていけばいいのですか?

複数時間軸チャートの考え方
まず、複数時間軸チャートで環境認識を行う場合に大切な事は、自分のトレードスタイルでどの時間軸がメインなのかを必ず決めることが重要です。
デイトレードであれば15分足や5分足メインなど、最終的に判断するチャートの時間軸を決めます。
マルチタイムフレームの考え方の基本は、
・上位時間軸ほど長期トレンド
・下位時間軸ほど短期トレンド
を示しており、当たり前ですが基本でもあり重要なポイントとして理解してください。
複数時間軸チャートで分析する場合にはシンプルに考えてOKです。
先程の質問で
・日足が陽線 ↑
・4時間足が陽線 ↑
・1時間足が陰線 ↓
・15分足が陽線 ↑
の場合に考えられるチャートの環境認識としては、
日足と4時間足が陽線で長期トレンドは上昇トレンドになっており、
長期トレンドでは上方向へ優位性があり、
1時間足は陰線という事なのでイメージとしては、上昇トレンドの押し目として考え15分足では陽線なので1時間足の押し目の転換として考えることもできます。
デイトレーダーで15分足チャートメインであれば、
長期時間軸が明確な上昇トレンドを示していて、
1時間足が押し目を作っているのであれば、
順張りのエントリーポイントを15分足で探るといった考え方になります。
これは一つの考え方で、当然チャートの状況によります。

自分の手法やルールを明確にすることが重要!

自分の立ち位置が不安定であれば、当然チャートを見れば見るほど迷いもでます。
1、短期トレード、中期トレード、長期トレードのどの立ち位置なのか?
2、順張り手法、逆張り手法、どういったルールでトレードするのか?

FX初心者でトレード経験が少ない場合には、順張りや逆張りを器用に狙っていくよりも、
一つの手法を徹底的に習得していき、エントリーポイントを絞っていくのが重要です。

あれもこれもと欲張ってトレードする人に限って、
結果的には負けやすいトレードとなってしまいます。

FXの裁量トレーダーにとって相場の環境認識はとても大切です。
基本的な事をしっかり身につけ、本質を理解できて次に進むという繰り返しを行う方が、
いきなり稼ぐための応用手法ばかり学んでも基礎がシッカリしていないので意味がありません。

何事も基本から応用です。
その順序を間違わないように、結果を出せるトレーダーを目指しましょう!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。