ワンミニFXは東京時間で2回ほどトレード

移動平均線を使った逆張りの乖離トレード手法でオススメのワンミニFXを検証

12月1日の検証トレード。1分足の逆張り乖離トレード手法を検証

タムラ氏のワンミニFXも11月は順調に稼ぐことができていますね。
このトレード手法は、裁量を加えずに機械的にトレードができるのでルールさえ知っていれば淡々と売買サインに従って対応していくだけです。

今日(12月1日 月曜)のワンミニFXは東京時間にポンドドルで2回ほど売買サインが出てトレードをしました。

移動平均線を使った逆張りの乖離トレード手法でオススメのワンミニFXを検証

ワンミニFXの基本ルールとしては決済は+5pips~10pips程度のなっており、ラインの傾きや相場状況によって利益幅(決済タイミング)を変えています。

今日はラインの傾きもレンジに近い状態だったので、エントリーから大きく逆行することは考えにくかったので10pips利益確定で2回とも成功しています。

東京時間の成績結果は合計+20pips

ワンミニFXの乖離トレードはいつもながら圧倒的な勝率を維持していますね。

1日に10pips~30pipsで満足できる方ならワンミ二FXだけでも十分安定した収益を出せるのではないでしょうか。

FX初心者の方で、あまり裁量知識がない方はこういった既に実績を出している確立された手法でまずは、FXで稼ぐ方法を学びながら少しずつ勉強を進めたほうがいいと思います。

いきなり初心者が裁量トレードをマスターしようとしても、経験が少ないぶん資金を失う可能性のほうが高く、中途半端なノウハウで勝ち続けられるほど相場は甘くありません。

順張り手法や逆張り手法に限らず、検証に裏付けされた確立した手法というのはルールさえ守ることができれば大負けするということはめったにあるものではありません。

ワンミ二FXの場合は、リスクヘッジ手法に特に力を入れているトレード手法になりますので、そういったリスクヘッジノウハウを知るだけでも大きく成長できるはずです。

当ブログのワンミニFXレビュー記事を見てみる⇒