一目均衡表のFX実践トレード2

no

シンプルに勝つFX手法(一目均衡表)

相場を読み解く力(チャートリーディング) 

一目均衡表を使ったシンプルな手法を前回紹介しましたが、
今回は応用という事で、今日のユーロドルチャートを使ってテクニカル分析を行っていきましょう!

シンプルなロジックほど相場の順応は高い!

複雑なロジックではどうしてもカーブフィッティングしやすくなってしまう為、
個人的にはシンプルなロジックを極めていく事を常に心がけています。

前回の記事を見ていない方は↓をからどうぞ!
一目均衡表の実践トレード⇒

一目均衡表の基本ともいえる勝率の高い判断方法として、
三役好転三役逆転について紹介しました。
今日の2013年2月8日17時のユーロドル相場でテクニカル分析をしてしていきましょう!

一目均衡表を使ったテクニカル分析の仕方 

上のチャートは今日の17時にキャプチャーした画像ですが、
ユーロドルの日足、4時間足をしっかり分析できた方は、
機能の急落はシッカリ利益を出せたのではないでしょうか。

昨日の段階で一目均衡表では4時間足レベルでは三役逆転が揃い、
日足チャートではまだ、三役逆転の条件は一つも揃っていません。

昨日の下落状況では4時間足チャートで三役揃うまで待っていても
70pips~90pipsは稼ぐことが出来ていたかもしれませんが、
二役が揃ったのを確認して、雲にローソク足が一度跳ね返り、
基準線にあたった付近の陰線で売りエントリーという戦略も考えられます。

現在は日足チャートのサポートライン付近でもみ合っていますが、
今日の欧州時間では戻しを一度試す展開が予測できます。

相場の状況によって臨機応変に判断することも大事!

基礎が身につくまでは、徹底して自分の決めたルールを実行して、
データを取り検証していく事がとても重要な事ですが、
ベースが整ってきたら、更に最適な方法はないかを考え、
分析して更にスキルアップしていきましょう!

FX初心者のうちは、確実な答えを求めてしまいがちですが、
相場には残念ながら100%正解の答えは存在していません。

環境認識力をしっかり身につけ、相場に対応できる基礎固めが初めのうちは大事です。

まだ実践が早いと思えば、デモトレードを利用して
満足できる結果が出るまでひたすら練習と分析です。

FXはレバレッジ効果もあり、資金を何倍にも増やすチャンスは十分にありますが、
逆にあなた次第で一気に資金を失うリスクもあるものだと本当の意味で理解する必要があります。

自分が優位性を感じた手法であれば、徹底的に納得いくまで分析してみてください。
そういった地道な作業の繰り返しが、スキルアップにつながりいずれ利益にも反映してきます。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。