FXダマシの対応法

no

100%勝てるトレード手法はなし!対処の仕方で結果は変わる

聖杯のような手法はFXに存在しない。 

FXトレードをやっていると、必ずだれもが経験するダマシ。
私自身は、ダマシにあうことを恐れるよりその後の対応をどうするか?
がとても重要な事だと思っています。

昨日のユーロドルのトレードで参考になる騙すポイントがありましたので紹介しておきます。

ユーロドル15分チャート 
上のチャートは、15分足で短期下げトレンドのチャートパターンの
ペナントだと判断して緑のマル部分で売りエントリーをして、
赤いラインで損切設定をして、オレンジ部分で損切りが確定した場面です。

私がいつもトレードで心がけていることは、1度思惑が外れた場合には、
上位時間軸でのエントリーポイントを探し、対応するトレードを心がけているという事です。

1時間足のチャートを見てみましょう!
ユーロドル1時間足チャート 
15分足ではエントリーに失敗しましたが、焦らずに1時間足チャートで
最適なポイントがないかを探していくと、緑のマルの部分が一つの候補として考えられます。

その後の結果ですが、2月20日の朝10時前のユーロドルチャートです。
騙しを回避ではなくその後の対応も重要 
買い注文がヒットして記事を書いている現在10時のレートが、
1.34187になっていますので約40pips前後の利益になっています。
このあたりで一度利益確定をしますが、今回のダマシ後の対応で学ぶべき点は、
相場に絶対という言葉はなく、リスクを抑えて確率の高いポイントでいかに対応できるかが重要だという事です。

どれだけFXで稼いでいるトレーダーであれ、ダマシは絶対に経験することです。
初心者の方で一つの方向性を信じ込んでしまったがために、
何度も似たような場面で負けてしまうというような経験をしたトレーダーはいませんか?

自分の思惑と違った場合には、すぐに再度エントリーを考えるのではなく、
落ち着いて上位時間軸で再度、「最適なポイントはないのか?」という事を考えてみてください。

負けを受けいれてリスクを抑え対応する投資技術を身につける!

とても基本的な事こそが、FXで長期的に勝ち続けるためには重要だと考えています。
自分の中で根拠のあるトレードをして、無駄なエントリーをなくしていく
という事も普段のトレードで意識していかなければいけない一つです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。