スイングトレード手法(勝率が高く1か月数回のFXトレードで50万円以上稼ぐ)

no

ダマシの少ない日足や4時間足チャートでスイングトレード

ゆったりFXトレードしても毎月50万円以上稼ぐ評判のスイングトレード手法

10万円の資金から1200万円稼いだことで評判になっている
関野典良さんのスイングトレード手法を実践で検証を行っていますが、
ダマシが少なく勝率7割を出せており、毎月けっこうな利益を出しているので紹介します。

関野さんのスイングトレード手法は、
エントリールールがとても明確で、FX初心者の方でも再現性が高い手法です。

チャートは日足、4時間足、1時間足を使い、
私の場合は、日足チャートでテクニカル分析を行い、執行時間軸は4時間足で行っています。

専業トレーダーなので、スキャルピングやデイトレードも行っていますが、
リスク分散としてスイングトレードを行っていますが、関野さんのスイングトレード手法を
取り入れてからは、毎月の獲得利益が飛躍的に伸びています。

直近の取引結果や現在のポジション状況はこんな感じです。

ドル円でのスイングトレード成績結果

●上の画像は、ドル円の4時間足チャートを表示
9月2日に売買シグナルが表示され、日足などでマルチタイムフレーム分析を行い
関野式のスイングトレード手法の条件に合っていたため、ドル円98.507で
エントリーを行い現在はポジションを保有中です。
今のところ+123pipsの含み益となっています。

ユーロドルの勝率の高い中期トレード

●上の画像は、ユーロドルの4時間足チャートを表示
8月23日に売りサインが表示され、ユーロドル1.33403で売り、9月3日に1.31704で決済しています。
結果は+169pipsとなっています。
日足を見ても一方向の下落トレンドだったので、
気持ち的にも楽なスイングトレードができました。

スイングトレード専用のMT4インジケーター

●上の画像は、豪ドル/ドルの4時間足チャートを表示
2回の売りサインで1回目のポジションは通常通りの枚数でトレードを行い、
2回目のサインでは、枚数を半分にして注文を出しています。
結果としては、あまり利益を伸ばすことができておらず1回目は+60pipsで
2回目は-12pipsでトータル+42pipsという結果になっています。
ダマシが少ないスイングトレード手法といっても、当然負けることもあります。

トレンドフォローを行い押し目や戻しを確実に利益にする

●上の画像は、ポンドドルの4時間足チャートを表示
8月23日に売りサインが表示され、1.55626でエントリーしましたが、
一度はある程度利益になりましたが、こちらの通貨もトレンドが終わり
転換した可能性もあるため決済しました。
プラス47pipsとスイングトレードにしては利益が少ないですが、
マイナスになっていないだけ良かったと思っています。

直近の8月23日からの利益確定したスイングトレード結果としては、
+258pipsとなっています。

スイングトレードは、なんといってもコレが魅力!

スイングトレードのメリットとデメリット

スイングトレードの魅力は、チャートに張り付く必要がないというのは、
実践で取引を行っていて時間的な拘束が少なく、一番魅力に感じます。

そしてもう一つは、ダマシに合う事が極めて少なく
スキャルピングやデイトレードに比べて、ゆったりした時間の中で
テクニカル分析を行い、ルールに沿ってトレードする事で稼ぐことができています。

関野さんのスイングトレードは、1か月の取引回数は少なめですが、
今のところ平均して毎月500pips前後は稼ぐことができており。
一番多く稼いだ月では1000pipsを余裕で超えていた時もあります。

こんな方に関野さんのスイングトレード手法はオススメ!
毎日あまりFXに時間が取れない方。
スキャルピングやデイトレードでイマイチ結果を出せなかった方。
リスク分散としてスイングトレード手法を取り入れたい短期トレーダーの方。
優位性があり勝率や再現性の高いスイングロジックを習得したい方。

私が実践しているオススメの
関野式スイングトレード手法の詳細はこちら⇒

目標や資金量に応じて枚数調整や通貨ペアを複数選択することにより、
効率よくスイングトレードを楽しむことができるはずです。

関野式のスイングトレード手法は、
ルールは明確で半裁量トレードで、エントリーや決済、損切りなど、
動画やPDFでわかりやすく解説されています。

現役トレーダーの実践で稼ぐロジックを学べるという事は、
とても価値がある事だと感じますし、再現性の高さなど初心者の方でも
真剣に取り組むキッカケになればと思います。

やはり、稼ぐ為にFXをやるのに結果を出せず、
資金が減ってばかりではFXは面白くもないですし、どうせやるなら
資金を増やさなければ意味がありせん。