デイトレMAXを検証

PIVOT(ピボット)と移動平均線を組合わせたデイトレード手法を公開するデイトレMAXを検証

デイトレMAXのMT4インジケーターを設定したPIVOT(ピボット)と移動平均線のチャート

基本に忠実なデイトレード順張り手法を学べる
評判のMAX岩本さんが出したFX商材、デイトレMAXを購入して検証しています。

販売ページには毎月の利益平均が500万円以上と書かれ、
トレード履歴の証拠画像も掲載されていますが、
半信半疑で購入してみることにしました。

デイトレMAXを実践で検証

購入してから会員サイトへ案内があり、
動画マニュアルで専用のインジケーターの使い方や、
手法のルール、裁量を加えた応用的なテクニックなどを学んでいきます。

【デイトレMAX 実践トレードの流れ】

マルチタイムフレーム分析を使って、
日足・4時間足・1時間足の順番に相場の節目となるポイントをチェック、
ダウ理論を使ったトレンドとレンジの判断など実践トレードに移る前の
準備を整えていきます。

準備が終わったら、1時間足と15分足を表示させて、
PIVOT(ピボット)と移動平均線、売買矢印、サポ・レジラインを使って
ルール条件が揃うまでチャンスを待ちます。

後は売買ルール条件が揃えば、エントリーをして
決済ターゲットとロスカット位置にOCO注文をして結果を待ちます。

手法自体はとてもシンプルですが、奥が深いという印象!

デイトレMAXのロジックは、チャートに表示される売買シグナルや、
PIVOT(ピボット)とローソク足の位置関係で判断していき、
動画マニュアルを見て基本手法だけでなく応用まで習得するのに
練習がやはり必要になってきます。

デイトレMAXの手法を検証していて一番驚いたのが、
PIVOT(ピボット)が本当に相場の節目として機能している事です。

評判のデイトレMAXを実践トレード

上のチャートは実践トレードの1例なのですが、
PIVOT(ピボット)ラインの上あたりから売り矢印サインが表示され、
ピンク色のマルでエントリー条件が揃って注文を出して、
ターゲットはS1(サポート1)にOCO注文を出して利益確定となっています。

その後の値動きを見ると、S1ラインで何度もサポートされ
ピボットが機能していることが相場からも見て取れます。

デイトレMAXを購入して感じた魅力

デイトレMAXの動画教材で手法などを学び実践で検証する中で、
基本に忠実なトレード手法であり、相場の変化に対応できる
長期間使用できるトレード技術を身につけられる教材だと感じました。

このデイトレード教材では、
基本的なロジックだけでなく、MAX岩本さんのリアルトレードを
収録した動画も毎月更新されていき、動いている相場で
どのようにトレードシナリオを組み立てるのかまで学習できます。

基礎動画⇒応用テクニック動画⇒実践トレード動画

上記のような勉強方法は、FX初心者にとっても
既に実践でトレードしている経験者にとっても、
理解しやすく、よく考えられたカリキュラムになっています。

私たち個人トレーダーが、毎月数百万円稼ぐ
プロトレーダーの実践トレードを動画を通じてでも
見る機会というのは極めて少ないので、そういった点からも
購入してよかったと感じています。

コンテンツ追加型のFX商材は、もちろん内容にもよりますが、
購入者にとっては、常に新鮮な情報が入ってきて評価できます。

日々変わる相場状況でどのようにシナリオを組み立て、
ロジックを対応させていくのかを学習できるデイトレMAXは、
基礎から応用までデイトレ順張り手法を勉強したい方には最適です。

デイトレMAXの詳細はこちらをクリック⇒

5年、10年とFXで稼ぎ続ける為には、
相場の変化に対応できるトレードスキルが必要になります。

自分で稼ぐ力を磨くことで、
自宅に居ながらパソコンや携帯さえあればお金が稼げる
環境にすることも可能だと改めて実感しました。